野口牧場様

茨城県坂東市
野口牧場様

四半世紀に渡り、
協力関係で支え合ってきた、強い信頼関係。

三祐商事との取引年数はどれくらいになりますか?

三祐商事さんの創設当初ですから、約25年間。四半世紀のお付き合いになりますね。当時の社長は、後に会長職もお務めになられた故・横田さん。横田さんが三祐商事さんを立ち上げ、そして扱う商品が乾草だと伺い、取引することを決めました。私がフリーストール酪農を始めたのは30年ぐらい前だから、その5年後からスタートした取引ということになります。

酪農というのは、自分たちが努力する以外に、健康を維持するための獣医・牛の生態に詳しい馬喰(ばくろ)・育成に大きな影響を与える餌屋など、プロフェッショナルとして優れた人に協力してもらわなければ成り立ちません。その意味でも三祐商事さんとの繋がりは必然と言えるものだったと思います。

三祐商事の長所は、どのような点だと思われますか?

いちばんはやはり、毎年、外国の現地を訪問し、自分たちの目で品質を見極め、日本に持ち込み、確かな乾草を販売していることでしょうね。これは横田さんが創業して以来、伝統的に継承されてきた素晴らしい姿勢。生前の横田さんと、私も一度、現地を視察しました。懐かしい思い出です。

先日も現在の社長である大竹さんと話をしたんですが、自然の物は、干ばつや大雨、温暖化など天候の影響で出来映えに差が出てしまうもの。現地の牧草生産者が「いいのができたよ」と言っても、実際に足を運び、目で見て確かめて買い付けることが、当然ながら大事な訳です。だからこそ三祐商事さんが扱う乾草は信頼できる。そんな風に私は感じていますね。

三祐商事の人材については、どう感じていますか?

組織というのは「親方が鏡」だと私は思ってるんです。社長の大竹さんや本部長の宮本さんとの付き合いは長いから、人柄の良さは充分に存じ上げています。いつ会ってもあたたかい気持ちで向き合ってもらってますからね。この二人が嫌な顔してるのを見たことがありません。人間として大事な真心を持った人たちだと確信しています。

そういう二人にしっかり指導されている従業員さんですから、安心して付き合えるんですよね。三祐商事さんは本当に良い会社だと思います。

今後のお付き合いについての考えを教えてください。

三祐商事さんは、まだまだ発展していく会社だと認識しています。これまでずっとベストな対応をしてくれていますからね。今までの関係性も踏まえ、良好な関係性がずっと続いていくことを心から願っています。私としても、できる限りの協力は惜しみません。

私には「動脈と静脈がしっかり機能しなければ上手くいかない」という考えがあるんです。動脈は新しいものを送り出す仕組みで、静脈は元に戻す仕組み。両方がバランスよく働かなければいけません。三祐商事さんには、バランスをとりながら、酪農業界全体の裾野を広げていってほしいと思います。

三祐商事 代表取締役社長・大竹より

本当に長くお付き合いいただいている大切なお客様です。オーナーの野口さんは物事を確実に一つずつ進めていく実直な方。私は入社して20年前から野口牧場さんに伺わさせていただいています。いつ訪ねても野口さんは先頭を切って働いていらっしゃる。一言で表現するなら「行動の人」です。

お客様である前に、酪農に携わる一人の大先輩として、深い尊敬の念を抱き続けています。私自身、これまで野口さんから多くのことを勉強させていただきましたし、三祐商事の全社員がこれからもたくさんのことを学ばせていただくでしょう。これからもご指導の程を、よろしくお願いいたします。

お問い合わせはお気軽に!

本社営業所

0296-45-0811

〒304-0076
茨城県下妻市前河原1159-2

スマホ向け表示