青木 貞雄

営業部

青木 貞雄

私の経験が若手社員の成長に繋がったら、
こんなに嬉しいことはありません。

2004年1月入社

三祐商事への入社経緯から教えてください。

配合飼料の会社で定年を迎えました。当時の三祐商事の社長とは牧草の仕事を通し、長年コンビで取り組んできた仲間だったこともあり、「これまで培ってきた経験を活かし、三祐商事で働きませんか?」と声をかけてもらったんです。私としては定年を迎え、あと数年ほど働けたらいい、ぐらいの感覚でしたが、あれからもう14年が経ちました。おかげさまで、この歳になっても健康で働かさせてもらっています。

担当しているのは、どのエリアですか?

茨城県内が約8割、市原市や銚子市を含む千葉県が約2割といったところです。前の会社時代から足繁く通っているエリアなので、戸惑いは何もありませんね。仕事で心がけているのは、「お客様にご満足いただくために何をすべきか」ということです。そして三祐商事の方針にもなっていますが、お客様や仕入れ先様に決して迷惑をかけないこと。人間関係が円滑になるよう努力すること、などです。お客様に最適な提案を繰り返し、満足度を高めることを意識して、日々の業務に臨んでいます。

働いていて大変なことを教えてください。

クレーム処理というのが、昔も今も変わらず難しいですね。そうならないのがいちばんですが、どうしても起き得ること。ただ、大事なのはその処理です。迅速に対応することでお客様のご不満は最小限度に抑えられるので。三祐商事の若い社員に私がよく言うのは、「失敗の経験を活かすことで、後の成功に結び付くこともある」ということ。それだけに現場での判断が重要になります。私は業界で過ごした年数が長い分、他の誰よりも失敗の数が多い訳です。これまでの私の失敗談が、少しでも若い人たちのヒントになれば幸いだと思っています。

逆に嬉しいことは?

新規の契約に結び付いた時や、新規・継続を問わず、お客様のご満足に繋がった時です。頑張った分が報われたと感じます。特に自分自身が「こう展開していきたい」と思った通りに進んだ時は爽快ですね。喜びの実感が湧き上がります。お客様に自分の気持ちが伝わった時に、やりがいを感じるんです。

三祐商事の優れている点とは?

海外の現地へ担当社員が行くことでしょうね。実際に目で見て選んでくるから、自信を持ってお客様に提案できます。誠意を持ってお客様と向き合う会社だと実感していますね。先ほど話したクレーム処理に関しても、非常に迅速。お客様から言われて印象深かったのは、「三祐商事さんはクレーム処理をしっかりやってくれるから信頼できるんだ」の言葉。これは多くのお客様に仰っていただきました。また、年間を通して安定供給が実現できていることも、喜びの声に結び付いています。また、どんな状況も隠すことなく正直に伝えることが、お客様の安心感に繋がってもいます。

今後の目標を教えてください。

あと何年働けるかはわかりませんけれど、体が健康でいる限りは、この三祐商事で頑張りたいです。10年後はわかりませんが、少なくともあと3年から5年は、丈夫で働きたい。やはり私の大きな生き甲斐になっていますから。新入社員は社長が中心になって教育されています。私の経験なども彼らの成長に役立てられたら嬉しい。畜産業界のことなどを伝え、私がいずれ退いた後にも彼らが活躍できる一助になれたらいい。そう心から思っています。私自身、悔いが一切残らないよう、若い人たちにアドバイスしていきたいです。今後、三祐商事へ入社する人材には、「社風を守っていける人」、「素直に意見を聞ける人」に入っていただきたい。社風に馴染める素直な人でしたら、しっかり成長できる会社ですので。

採用に関することはお気軽にお問い合わせください

三祐商事株式会社

本社営業所

0296-45-0811

〒304-0076
茨城県下妻市前河原1159-2

スマホ向け表示